プレミアムタンゴ
10:30~15:30

 

タイムスケジュール

10:30 開場
11:00 ワークショップ
12:00 ミロンガパーティ
14:00 アマチュア・タンゴ・コンテスト
14:30 プロフェッショナルゲスト
     デモンストレーション
15:00 タレントショー
16:00 パーティ終了
※スケジュールは予告なく変更になる場合があります。

当日は「プレミアムラテンダンスフェスティバル」として、一日通してのイベントとなっております。1枚のチケットで、10:30~プレミアムタンゴ、16:00~プレミアムサルサの両方に、自由に入場できます。

アマチュア・タンゴ・コンテスト

ジャンル(2部門) 

・アルゼンチンタンゴ
・ミロンガ

参加条件:アマチュアであること(プロダンサーおよびインストラクターはご参加頂けません)
 
★各入賞のほか、コンテスト参加者の中から、ミロンガクイーン1名を選出いたします!
申込方法:当日開場で受け付けます。ペアでお申し込みください。
 

ゲストアーティスト

エンリケ モラレス

12歳からタンゴダンサーとして活躍。16歳からプロとして数々の舞台を踏む。2005年 ”EV TANGO”の団員として南米、ヨーロッパ全土 計18カ国でツアー。中南米サミット、ミス・ユニバース選出大会、プエルトマデーロに架かる大橋『ムヘール橋』の開通式ではアルゼンチンを代表しエキシビションを行う等々数々の舞台を踏む。 

カロリーナ アルベリシ 

ルナ・デ・タンゴ・ダンスアカデミーでプロダンサーとして5年間活躍。2009年、テレビCMに出演。この共演をきっかけに現在のパートナーと活動を始める。

ナショナルチームのフィギュアスケート強化合宿の特別講師として招かれ、選手らの表現力を引き出す指導を行った。現在もフィギュアスケートの表現&音楽性インストラクターとして尽力している。

2018年 かつてから指導し育ててきた、次男であるアクセル新垣が世界選手権で優勝。

木村  有希

幼少よりバレエを始め、スターダンサーズバレエ団の定期公演、万博等のイベントに出演。2003年よりアルゼンチンタンゴダンス協会に所属し、以後亜人ダンサーとペアを組みステージ、TV、雑誌 等で活躍。講師として、三越カルチャースクールを6年務める。海外でもワークショップを行っている。

クミコ

ブエノスアイレスへの長期留学で学んだタンゴトラディショナル、 タンゴヌエボ、両スタイルに精通し、 そこから生み出された力強いパフォーマンスは観るものを魅了する。2019年3月には「CITA 2019 (Buenos Aires) 」にアジア人初のマエストラとして招聘され、 ショー、レッスンを行うなど、世界に活動の場を広げている。

アレハンドロ

Alejandroはタンゴ歴25年、アルゼンチン、ウルグアイ、 エクアドルにタンゴスクールを持つマエストロ。 16歳からツアーで世界中を周り、アルゼンチン、ヘルシンキ、 東京などでコンペティションの審査員を務める。 また、ブエノスアイレスで毎年行われる世界最大のタンゴイベント 「CITA」のマエストロとして2005年から活躍している。

セサル カニサレス

アルゼンチン、ブエノスアイレス出身。6歳からダンスを始める。2005年、2006年に、国際フォルクローレ大会においてチャンピオン金賞を受賞。現在は、日本でフォルクローレとタンゴを主に東京、神奈川で教える側、スタイルにこだわらず様々なダンスパフォーマンスを企画、演出および出演している。

アマウリ マリナ

日本でのタンゴやダンスショーにダンサーとして多数出演し、クリエイター、ディレクター、振付師、パフォーマーとしてもあらゆるショーに製作に携わっている。また日本の大手企業のCMや著名アーティストのプロモーションビデオなどにも、ダンサー、モデルとして出演している。

レネ トレス

日本国内だけでなく世界的に活躍するプロダンサー。拠点を日本に移し、都内を中心にレッスンを行っている。

森 順子

日本国内だけでなく世界的に活躍するプロダンサー。拠点を日本に移し、都内を中心にレッスンを行っている。

アレハンドロ

アルゼンチン・ブエノスアイレス出身。スルマ&ロベルトアギーレタンゴバレー団に所属し、数々のステージにて活躍。
2006年アルゼンチン・ナショナル・タンゴ・コンテスト全国3位。現在は拠点を東京に移し、12年赤坂に「パラドスタンゴスタジオ」を設立。

ルシア

幼少期はチリの首都サンティアゴで育つ。
物心付く前より、タンゴ愛好家であった祖母がミロンガに連れていくタンゴの真髄に触れる環境で、タンゴと出会う。
1997年に京都でオープン。2004年に赤坂で本格的なタンゴスタジオをオープンし、現在に至る。プロダンサー志望の育成機関の主席講師にも就任。アジアを中心としたグローバルな活動も行っている。

KOJI HIRATA タンゴカルテット

平田 耕治  バンドネオン

横浜市出身。逗子開成中・高等学校卒業。 洗足学園音楽大学・音楽音響デザインコース・作曲専攻卒業。
13歳でバンドネオンを始める。16歳で単身ブエノスアイレスに渡り、故カルロス・ラサリ氏宅に住込みで師事。これまでに、フランス、カナダ、ウルグアイ、韓国、シンガポール、タイ、 アメリカ合衆国、ポルトガル、中国などでも演奏。2017年から洗足学園音楽大学ワールドミュージックコース科バンドネオン講師。

井村 重人  コントラバス

洗足学園音楽大学を優秀賞を得て卒業、 卒業演奏会に出演。
2007年アルゼンチン のブエノスアイレスに滞在、名手ダニエル・ ファラスカ、 ファン・ダリエンソ楽団のウーゴ・ ティセラの両氏にタンゴベースを学ぶ。 帰国後はオー ケストラ、室内楽、タンゴ楽団などで活動。 ネットラジオ番組「Hope of Birds ~楽曲分析エンターテイメントpodcast~」を制作、 配信中。

永易 理恵  ピアノ

桐朋学園大学音楽学部在学中にドイツへ留学。 ドイツ国立ベルリン芸術大学を首席で卒業。
第7回大阪国際音楽コンクールピアノ部門第1位他、多数の賞を受賞。 2015年より韓国・水原のワールドミュージックアカデミー春期講習会のピアノ講師、 2017年より洗足学園音楽大学ピアノ講師を務める。

高橋 渚  バイオリン

桐朋学園高等学校音楽科卒業後、 国立ベルリン芸術大学に入学ソリストマスター卒業。 その間ドイツベルリンオペラアカデミー生として研修を積む。 国際ヒンデミットコンクール第三位などを受賞。
現在は日本を拠点にソロ、室内楽奏者として活動している。 今までに、アルバート・ロト、 茂木大輔各氏、カルテットエクセルシオと共演。